車購入の七色テクニック【車購入、売却に役立つ情報を提供します】

車の査定では外装は大切なことなの?

車の査定を行ってもらう際に、外装に傷が多いと高値がつかないんじゃないかと、傷を目立たなくするように、市販の傷消しで塗る人がいます。
そういったことは決してプラスにはなりませんので、注意が必要です。

 

中古車を購入しようと考えている人は、費用対効果、つまりトータルのバランスで購入を検討します。
それは、中古車のエンジンルームの状態や事故歴、何年式、メーカー、外装や内装などです。

 

つまり、外装の傷というのはその中の一部でしかありません。
そして、傷があることは、中古車の購入を考えている人は、それ程気にしないのです。

 

よって、外装に関しては車の査定において関係ないものではありませんが、開き直っておけばいいと思います。
もちろん、傷がない方が高値がつく可能性はありますが、傷消しなどを行っていると、逆に車のあちこちを綿密に点検されることになる可能性があります。
隠そうとしていることが、警戒心に繋がるということなのです。

 

このように、車の査定においては、外装は出来るだけ見栄えがいいように洗車をしてワックスも塗った状態で持っていくことが最も大切なことです。
その上で出された査定金額を聞いて、他の部分で交渉するようにしましょう。
車を高く売る方法は下記のサイトに詳しく掲載されています。
>>仙台 車買取

関連ページ

消費税増税による車への影響は?
車購入のとっておきのテクニック、ご紹介します。
事故車でも売却できるって本当?
車購入のとっておきのテクニック、ご紹介します。